水は上から下へと流れていくものです。

新しいサービスやプロダクツの紹介。アイデアメモ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダヴィンチの設計した無限変速器を持つ自転車

davinci071226.jpg


自転車愛好家たちが待ちにまった自転車の登場です。1490年ごろにレオナルド・ダヴィンチにより書かれたスケッチを基に作られたこの自転車の後輪には、よくある21段変速機のような代物ではなく、無限変速機なるものが搭載されています。だから「走りはじめ」や「丘をゆっくりと走りたい」などに希望にあわせて、いつもちょうどよいギアで走ることができるわけです。

ハンドルについたダイアルをひねると、自転車に搭載されたNuVinci変速機の中のボールベアリングが、二つの回転する金属製のディスクの中で傾きます。そうすると、二つのディスクそれぞれのボールベアリングに対する接触角度が変化します(球の接触する場所が変わると、球の回転は同じでも円周径が異なるので、伝わる動力が変化する)。この変化により、ペダルこぐ力に対する車輪の回転数を変え、ギア比を調整することができます。低速ギアならペダルのこぐ力は不要だけれども車輪はあまり回転しないのでゆっくりと進み、高速ギアなら速く進むことができるわけです。

ボールベアリングは、ほぼどんな角度にもできるので、自転車のトルクを思い通りに正確に伝えることができます。ダビンチ連続変速機の最新の試みとして、自転車を越えた領域で行われています。4年以内に、NuVinci変速機は自動車、トラクター、はたまた風力発電機に至るまで搭載されるでしょう。その能力は3,000近いギア比を持っているに等しいのです。

※英語の練習がてらに英訳しているだけです。訳の内容は保障しません。

【参考】
The Infinitely Geared Bike
紹介動画
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yosidayosiwo.blog62.fc2.com/tb.php/247-caf7ee49

 | HOME | 

PR



Categories

Monthly

Appendix

yosidayosiwo

yosidayosiwo

大手プロバイダ勤務。インターネット大好き。仕事大好き。

FC2Ad



Tags


ワード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。